トレーニングをさせる側が思うべき事

体を強くする。
肉体を強化するには昔から精神も鍛えないと行けないという事で、どんな辛いトレーニングでもやる方は我慢してきた。
しかし中にはただ辛いだけで体を壊すだけのようなトレーニングも無知なトレーナーによって行われて来た。

辛いという事は忍耐力を高めるというが果たしてそうだろうか?
ただのトラウマになる方が多いのではないだろうか?
「面白い」、「集中する」という点がもっと優先されるべきだと思う。
つまり、辛くて面白くないものだけれど体に良いというものは必要ないということだ。

だが、体に良いとされるトレーニング方法を見つけるのは簡単であるのに対し、面白いと思う事を見つけ出すのは難しい。
とはいえ難しいから仕方が無いではなく、少なくとも自主的にやりたいと思う事を考えてやる必要があると思う。

もちろん自主性を伴う活動は集団で行うのは難しい。
「面白い」がそうであるように「自主性」というのも一人一人異なるからだ。
かといって一人一人に個別のメニューを用意するのはあまりにも非効率的である。

一人が面白いと思うものを全員が面白いと思わせる方法について我々は真剣に考えるべきだろう。
今は運良く用意されたものが面白いと思えるモノばかりの人か
自分が納得出来る事以外は徹底的にやらないというという人だけがその能力を伸ばしているように思う。
結局、「面白い」から「集中する」を繰り返す人は過ごしている時間の濃度が違うのだ。

努力は裏切らない。これは成功した人にも失敗した人にも言える言葉だが、その受け止め方は大きく違う。
しかし、その失敗した人の多くは自主性が足りなかったとも言えるが、忠実に信じてくれたのである。
その失敗を無駄にする事は許されない。