体幹トレーニング 最初はフラフープでもOK

筋肉を鍛えるというと、ジョギングや筋力トレーニング、ジムでのワークアウトやなどをする想像する人が多いのではないでしょうか?
これらの運動は持久力や瞬発力を付けるとともにアウトサイドの筋肉を発達させて魅力的な肉体を作ることができます。

筋力トレーニングは主にアウトサイドの筋肉をつけることを目的とする傾向がつよいですが、そのインサイドとなる「体幹」をトレーニングすると、肉体が元々持っている正しい姿勢や基礎代謝を向上させ、バランス感覚もより高いレベルに引き上げることができます。

「体幹」について

「体幹」と結われる部分は厳密な定義は無いのですが、一般的に横隔膜、腹横筋、多裂筋、骨盤底筋群等の筋肉郡のことを指しています。

あまり聞き覚えの無い筋肉の名前だと思いますが、簡単に言うと胴体の内側の筋肉のことです。
いわゆるインナーマッスルとも呼ばれ、目立たないため普段話題に上がる事は少ない筋肉といえるでしょう。

しかし、これらの筋肉が支えてこその肉体である事は様々な研究によって明らかになっています。
また、この部分の筋肉を鍛える事で様々な恩恵が得られる事も分って来ています。

太りやすくなったと感じる場合は、基礎代謝量の下落が原因である事がほとんどです。
インナーマッスルは基礎代謝に関わる筋肉が多く、これを鍛えることで筋肉の連携を円滑にし基礎代謝を上げる事が出来ます。
基礎代謝を上げる事によって体は少しの運動でも脂肪を燃焼しやすくなり、体型維持にも役立ちます。

肩凝りや腰痛にもインナーマッスルを鍛える事は効果的です。
肩凝りや腰痛は主に骨盤のゆがみや悪い姿勢によって骨の位置がずれてきてしまっている事が原因と考えられます。
これらを本来の正しい位置に保つ為の筋肉がインナーマッスルなのですが、この筋肉が弱まって骨の位置を保つ事が出来ていないことが肩凝り腰痛に繋がっています。
インナーマッスルを鍛える事でズレた骨の位置を正しい位置で保つことで、姿勢が良くなり肩凝り腰痛を防ぎます。

これらの筋肉を鍛える為には、体幹トレーニングというものがありますが、それまで特に筋力トレーニングをしていない人からするとかなりハードな内容となっています。
初心者の方は、最初は負荷の強くないトレーニングを始めるとよいでしょう。
たとえば、ヨガ、ピラティスなどは一見ストレッチのようにも見えますが、しっかりとインナーマッスルを鍛える方法として設計されています。
またフラフープエクササイズは重量のあるフラフープを回す事に寄って腰回りを鍛えるエクササイズですが、これも骨盤底筋を鍛えるのに適しています。
フラフープエクササイズについてはこちらのサイトが参考になります -> フラフープを日々の運動に
トレーニング視点というより運動不足解消としてのフラフープの紹介をしていますが、メンタル面やフラフープエクササイズとの向き合い方がとても参考になります。